周年日の7月7日のファンキージャグラー実践

スロット遊技
ブログランキング・にほんブログ村へ

今日は、言わずもがな7月7日です。この日は、マルハンだという人も一定数いると思います。7の日と言えばマルハン。それぐらい7というのは、認知されていると思います。

そんな日なんで、どこに行くか色々検討したところやはり某マルハンに行く事にしました。ただ、ちょっと懸念点がありました。それが、最近のみんレポの総差枚数がなんとも言えないレベルだった事です。7の付く日の総差枚数がプラマイゼロに近いぐらいだったので、正直行く価値があるのかなんとも言え無いレベルに感じたのです。

ただ、他の店舗店舗に比較すると某マルハンしかないかなという事で、マルハンに行く事に決めました。

7月7日という事もあってやはり人もそれなりに居ます。約650人ぐらいかな?

そんな中で引いた番号がこちら!

はい、死亡ですね。

このまま他の店舗に向かうか、店舗に入って空き台を打つか迷った挙句、空き台を打つ事にしました。

マイジャグ、ファンキーを見たところファンキージャグラーが1台空いてたのでそれを打つ事にしました。事前に、データをチェックして狙い台を検討していましたが、何も意味はありませんでした。

この時点で勝利への期待値はほぼありません。空いてる台にただ座って勝てる程スロットって甘くありませんからね。

ファンキージャグラー2の実践内容はこちらです。

12時には、辞めてしまいました。

ちなみに、やめた理由は、店舗全体的に6がある印象が無かった事と、中間設定特に3ぐらいが多い様な印象だったので早めに見切っても大丈夫だろうと考えての事です。

ジャグラーの特定日判断として、自分の打っているジャグラーが機種的にどうなのかって言う部分で判断する事が多いので、機種全体で強いのか、弱いのかでヤメ時を模索します。

ジャグラーのぶどう確率やボーナス確率、合算は判断基準としては根拠よりも低くしています。ただ、店舗の状況によって判断基準も変わるので一概には言えませんが。

ファンキージャグラー2のスペック的には、レギュラーは足りてました。ただ、たかだか2000ゲームでは何も分かりませんが。

ぶどう確率は、ほぼ毎日ジャグラーニュースより引用してます。

レギュラー確率は、6以上でぶどう確率も4維持でしたが、ビック確率は1未満でまあ、ファンキージャグラー2の島全体で見るとつづける理由があんまり感じられなかったので辞めた感じです。

スランプグラフはこちらです。

その日のファンキージャグラー2の機種全体的にはこちらです。

正直、もっと強いジャグラーを期待してましたが、個人的にはイマイチでした。来年は行くかどうか悩む感じですね。

ちなみに、知り合いとスロット打ちましたが、知り合いは犬夜叉で4000枚ぐらい出してました。そこで辞めたみたいですが、その後プラマイゼロまで戻ったみたいです。

犬夜叉やばいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ランキングパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ
TOP