犬夜叉の設定6確定台を7000ゲーム打った結果とは?

スロット遊技
ブログランキング・にほんブログ村へ

この日は、1が強い日の店舗にて設定狙いをする事にしました。家から車で1時間30分程の場所なので特定日に時々行く程度の店舗になります。

この店舗では、コードギアスの推定6を打った時もあるし、店自体が凄く強いイメージがある店舗になります。

この日は、日曜日という事もあって、抽選人数も多いだろうと予測出来ましたが、思っていたよりもかなり多い状態でした。実際の人数は恐らく500人程です。この人数で抽選するのはかなりの試練だと感じていました。

スロットの台数が304台で20スロだともっと少なくなるのでかなりの勝負感が必要かなと感じてました。そんな気持ちで抽選を受けた結果がこちらです。

とりあえず、ほっとしました。良番とは言えるか分かりませんが、台はある程度選べるのかなという認識はしています。

そんな競争率の中で選んだ機種は、犬夜叉でした。選択した理由は、犬夜叉にチカラを入れてるのを過去のデータから感じたので選びました。その上、犬夜叉10台のデータから最も1週間凹みの台が空いていたので、上げる可能性を考慮して選んだ感じです。空いていたのは3台ぐらいだった気がします。

座った時点台選択が良かったかどうかを不安に感じる部分もありました。言うても犬夜叉です。Twitterでも設定6でも凄くやられているデータなんて数え切れないぐらい見ているので、これが不安要因の大きな理由です。ただ、自分的には犬夜叉はトータルでも凄く勝っているので、座る事に決めた感じです。

稼働し始めると、自分が200ゲーム回している時には、他の犬夜叉のほとんどが直ぐにラッシュに入っている台が多くてかなりの熱量を感じました。ただ、自分の台は300を超えて、その時には自分だけがまだラッシュに入って無い状態になっていました。この時めっちゃやらかした感を凄く感じました。

そんな自分の初当たりは、451ゲームでした。四魂ボーナスで斜め揃いでした。斜め揃いはラッシュ当選濃厚と言われています。確定では無いですけどね。この斜め揃いのおかげで多少の安心感がありました。当然の如くラッシュに入り600枚ぐらい出ました。そんな最終ゲームで設定示唆を確認すると、これが出ました!

これは、設定6確定です。内心マジかと心の中で叫びました。この時点で9時50分です。開始50分で6確定という久々の朝イチ6確定です。これでテンションがめっちゃ上がりました。万枚目指せるのではと内心思ってもいました。そんな思いをこの台はめっちゃ裏切りました。

そんな俺の稼働実績はこちらです。ただ、設定6だと思えるのかどうなのかよく分かりません。

これから見ると、ゲーム当選で重いのが多い事。単純に酷い内容です。

四魂ボーナスが重すぎて、設定1以外のボーナス確率です。設定1の半分以外の確率でしか四魂ボーナスも引けてません。だからこそ、AT確率も設定1から遠く及びません。ほんとにゴミ台と呼べるレベルの台となりました。

設定示唆で出たのだと、こんな感じです。

画像をスマホで取って無いのもあるので主要だとこんな感じです。

月下で見ると設定が良い印象がよく分かりました。

ただ、月下ステージに移行する部分では今まで打った低設定っぽいだいと比較すると行きやすい印象がとてもありました。周期も軽く、小役からの月下ステージ移行も多かったからです。でも、これでもラッシュ当選が出来ないと酷い事になる部分もより痛感しました。

スランプグラフはこちらになります。

途中から見えないのが残念ですが、酷い事になりました。

完全に見切れてます。このデータ機だとこれ以上のマイナスが表示されないんです。この絶望感分かります?設定6確定している台なのにこんな事になります。これが犬夜叉です。設定が良いから出るとかという台では無いというのが良く分かりますね。

ちなみに、別の出てる台は7000枚とか3500枚とか、3900枚とか出てる台はありました。比較するとやる気無くなりますよね。そんな自分収支はどんな状態なのかと言うと、これです。

今ままで人生の中で設定6確定台を数百台は打ってると思いますが、過去1番出ませんでした。こんな設定6は打った事ありません。犬夜叉の設定6は、勝率56%らしいので、妥当なのかも知れません。完全に引けが無ければやれない台となります。

リアルに店長などから、低設定でも凄い出る事も多いし、設定6や高設定でも凄い負ける台も多いですよと聞きました。まあ、犬夜叉に設定を求めて打っても確実に勝てる訳では無いという事です。これを今後の犬夜叉実践の参考にして下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ランキングパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ
TOP