スロットで勝つ為に大切なポイント

ノウハウ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スロット自体は、4号機自体から今まで多くの機種を打ってきましたし、当時は月に100万以上勝つ事もあったりといまでは考えられないくらい凄い時代だったと思います。

機械割も高かったですし、設定示唆、設定表示などもしている店舗も多かったと思います。激動の時代だったですね。あれから、長い時を過ごし今や6号機時代です。

昔と今を比較すると、当時の打ち方と今の打ち方ではかなり異なっていると思います。設定6の恩恵すらかなり違っていますよね。その上、低設定でも事後って万枚なども出たりする時代だったと思います。

そんな中、勝つ為にやる事というのはあんまり変わっていません。細かく言うと、昔と今ではよりシビアに予測し判別し検証する必要があります。

適当に座ってワンチャンあるかもなんて、そんなやり方で勝つのは長続きしません。それで収支が+でずっと続いているという方は、居ないと思っています。居たとしたは、元々強い店で抽選人数が多くてそれを勝取り続けているパターンなどはあるかもしれません。まあ、基本的に運で勝負して勝てる世界ではありません。

では、どうすれば勝てるか?という事です。これは簡単です。高設定を打つ、期待値のある台を打つ、この2つだけです。

高設定を打つというのは、設定4以上の台を打ち続ける事です。だからこそ、設定狙いというものが必要になります。設定狙いをする為には、まず、設定が入っているホールで打つ必要があります。そもそも設定が無いホールで打っていても、意味が無いです。スランプグラフで高設定っぽいからって言っても、それが高設定である保証はありません。じゃあどうすれば高設定なのかというと、高設定確定が出た時のある店なのか、どういう日に高設定確定が出ているのか?通常日なのか、特定日なのか、平日なのか、土日祝日なのかなどなど、実績が必要になります。

その他の判断基準として、他のお客様のレベルです。専業か一般かで変わってきます。専業がいつもいる店と一般しかいない店では期待値が変わります。専業がいつもいるという事は、特定日以外も狙える台があるという事です。つまり、設定が入っている台がある可能性があるという事を意味します。

その中でいつも出している人がいるとします。いつも、積もっている人が居たとします。そんな場合に何も考えない人は、凄いなで終わりになってしまいます。あの人は凄いなってそれだけで終わってしまうんです。

ここで大切なポイントは、何故その人は積もる事が出来たのかです。ここで思考を停止してしまう人は勝てません。感想を言って終わりになってしまうんです。

じゃあ、どうすれば良いのか?それは、何故その台をその人が選んだのかを考えるんです。その台を選ぶ理由を調べます。

その台を打つ理由を出していきます。

1週間で差枚数が1番凹んでいる台なのか?何番目に凹んでいるのか?前日が凄い凹んでいる台なのか?前日の稼働が無い台なのか?前日が出ていた台なのか?

その理由を探しましょう。そうする事で、何らかの答えが出ます。その答えを見つけられたら、次回に活かす事が出来ます。

高設定を座る事で勝つという事ですね。これに繋げられるのです。高設定狙いは、勝つ為の王道ですが、なかなか難しいというのもあります。

もう1つは、期待値のある台を打つです。期待値とは、ハイエナとも言いますが、途中まで回されている台を当たるまで回すです。期待値稼働とも言いますが、これは他の人が回した続きを回すので、リスクが少ないのです。こういう台だけを毎回回す事が出来れば、収支も安定します。

ただ、期待値稼働は、空いている台から期待値のある台を探さなければなりません。期待値がある台を探す事の方が大変なのです。台の探し方は複数店舗を行ったり来たりして台を見つける。または、時間を変えて台を探す。これをタフに繰り返す必要があります。継続してやれる事が大切なので、継続力が何よりも大切となります。

期待値とは、どうやって調べたら良いのか?これは、【機種名+期待値】で、調べられます。

例えば、こんな台があったとします。

これはバジリスク絆2で空いて台となります。天井が800なんですが、打つべきかどうか分かりませんよね?こんな時は、ネットで調べます。

バジリスク絆2 期待値 で検索します。

そうすると、色々書いてあるサイトが出てきます。

※これは期待値見える化さんのサイトを引用しています。

こう見ると期待値は?150ゲームからあるのが分かります。つまり、150ゲームからなら、打って良いという事になるんです。

でも、ここで注意しなければならないのは、1つのサイトだけを鵜呑みにしない事です。色んなサイトで期待値は出されているのでそれを調べまくって下さい。サイトによって数値は異なっていたりするので、その部分を調べまくって納得した上で稼働する事がポイントです。

そして、もう1つが期待値金額と換金率の関係です。現金投資と貯玉投資では、期待値が変わります。5.0枚と出されてるのは、貯玉なら等価として計算して貰って大丈夫です。ただ、住まいの地域によっては、換金率が5.6枚の処もあるでしょう。私の住んでいる処は、5.1枚なので換金率は良い方ですが、この換金率も気にして期待値を考えて下さい。現金投資だと等価では無くなるので、この部分も気にする必要があります。

あと、大切な事は期待値がいくらなら打つのかというのを決めておくと良いです。私個人的には、期待値1500円から打つ基準となります。機種によっては、金額が変わりますが、一般的な機種だとそういう計算をします。

沖ドキDUOだと、期待値金額というよりスルー回数やトータルゲーム数で判断基準となるので必ずしも金額では無いのですけどね。

この期待値稼働をした事がない人で不安な人がいるとしたら、天井で単発で大して出なかったらどうするの?って事だと思います。そんな事は沢山あります。大切な事は、台数をどれだけこなせるかです。どれだけ台数をこなせるかで収支は安定します。

日給2万円を稼ぎたいなら、期待値1500円の台なら1日で約13台稼働出来ると、およそその金額になります。日給2万円の仕事をした事になるんですね。もし、30日間毎日期待値2万円を取れたら60万円の期待値となります。収支も60万円近くになると思われます。

まあ、1500円の期待値を2万円取るのは大変なので考え方的には、こういう事だという事です。

設定狙いとハイエナについて書いてきましたが、初心者がやるならハイエナ(期待値稼働)からやる事をおすすめします。設定狙いは、期待値稼働が出来て収入が安定してきたらやるべき事だと思っています。期待値稼働が出来ないままやっても、設定狙いで変なゲーム数で辞めてしまったりする可能性もあります。そうすると、その台でハイエナされて良い状態の台を渡す事にもなりかねないからです。

大した事書いてないですが、結構大切なので着実な行動をする事が勝つ為には必要です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ランキングパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ
TOP